Welcome to Our Company
Home
News
Products
About us
Contact us
HOME


陰陽五行説

陰陽説とは森羅万象全てのものが陰と陽という二つの対立する性状から成り、互いに消長と循環を繰り返し調和を保ち存在するとされるものです。たとえば電気の陽極と陰極、男と女、明と暗、表と裏、などの区分です。人も精神と肉体に分け、精神は天の気で陽に属し肉体は地の気で陰に属すとされます。 
五行説は一方、万物は木、火、土、金、水の五つの要素から成り立ち、また天地に満ち溢れる木、火、土、金、水の五つの気に影響を受けこの五気の循環の中で存在しているとされるものです。五行の五は木・火・土・金・水の五気、行は五気の関係や循環を意味します。そして古代中国ではあらゆる物に五行を配したのです。

方位 季節 味覚 感覚 臓器 特性
酸味 肝臓 曲直
苦味 心臓 炎上
中央 土用 甘味 脾臓 稼穡
西 辛味 肺臓 従革
鹹味 腎臓 潤下


ライン