Welcome to Our Company
Home
News
Products
About us
Contact us
ABOUT US



虚明法師

虚明法師は1920年中国江蘇省淮陰県に出生、俗名を周国棟といった。19歳の時に出家し22歳の時南京の宝山慧寺にて具足戒を受ける。その後、談養吾老師の下で三元大玄空風水を学ぶ。1949年、国外の仏教活動に携わることになった虚明法師に談老師は戦火を免れた貴重な玄空風水研究文献の入った笈を託された。旅の途中、香港の普陀寺に暫く逗留、1953年にペナン島に到着、仏教学院にて僧の指導の任に就く。1956年、カメロン・ハイランドの三宝寺にて偶然にも尤惜陰法師と出会いこの時初めて互いが談養吾老師の弟子であった事を知る。しかし、この出会いは長く続かず、尤法師は翌年の1957年ペナン島に戻りそこで病気の為逝去された。数年後、虚法師は自ら考案された三宝油の秘伝をシンガポールの会社に売却し、その資金でジョホール・バルに土地を購入、1987年観音寺を建立、また1987年には老人養護施設を立ち上げた。1983年に劉育才老師に拝師を許され談養吾祖師から伝わる数々の奥義を劉老師に伝授され1998年7月5日にこの世を去られた。

 


1998年5月、劉育才老師と共に


地理指南中の虚明法師


虚明法師より劉育才老師に伝えら
れた伝書に残る虚明法師直筆署名


無常派系譜 Top


ライン