Welcome to Our Company
Home
News
Products
About us
Contact us
ABOUT US



尤惜陰法師

演本法師は俗名を尤雪行または陰ともいい、無錫の出身であった。法師は談養吾祖師の嫡伝弟子で1920年代後半に最初の著書である東方之科学宅運新案二巻を表す、後に法師の弟子が陰、陽宅に関する三巻目を出版する。第一巻には195の事例研究が第二巻には260の事例研究が紹介された。1932年尤法師は大徳徳玉和尚に請われシンガポールに渡りその地の北京法源寺に暫くの間逗留し、後インドネシアに移られ中華仏寺を建立、その後も精力的にビルマ、インドと回られ、最後にマレーシアはペナン島に落ち着かれた。又、1945年にはシンガポール仏教総会で重鎮の地位に付かれ指導的役割を果たす。晩年はマレーシアのカメロン・ハイランドに仏教寺院の三宝寺を建立、1950年より健康的なこともありペナン島に戻られ風水の指導に当たられた。仏教、風水と多岐に渡る教育に活躍された尤法師であったが1957年7月24日にペナン島でその一生に終止符を打たれた。











晩年の演本法師

無常派系譜 Top


ライン