Welcome to Our Company
Home
News
Products
About us
Contact us
PRODUCTS








紫白訣は上篇、下篇の両篇から構成され上篇は理論的内容で下篇はその応用的な内容となっている。この紫白訣が著されたのは唐代とされる。著者は一説によると目講禅師、また他の説では王思山とされるが実際は著者不明である。この講座では三元派、三合派それぞれによる紫白訣の解釈と紫白訣理論応用による事象分析とその応期さらに玄空飛星法への応用等について解説する。






講座案内TOP


ライン